完全、負けてます。〜関西食欲録〜

もうすぐアラフォー・夫なし・彼なし・金なし・親友なし・体重あり・フリック入力なし…そんな完全負けちゃってる、関西在住OLが日々感じたことを、脈略なく綴ります

【e-Tax】スマホで確定申告したら簡単で便利すぎた話

スマホで確定申告が出来ると聞いて

税務署でIDを発行!

このIDを使って、実際にスマホで申告書作成→そのまま提出までやってみた!

 

さて、では入力…

の前に!

事前の準備

  • ID・パスワード方式の届出完了通知
  • 源泉徴収票
  • 病院や診療所の領収書
  • 薬局の領収書
  • 通院で利用した電車・バス代のメモ
  • ふるさと納税の寄付金受理証明書
  • マイナンバー通知カード

上記の書類を手元に揃えておくことを

激しくオススメします!

 

私は事前準備が足りず、書類を探しながら作業することに…(笑)

 

国税庁のページを検索

こちらの作成コーナーより開始

 

なお、今回はiPhoneXSのSafariを利用

機種によっては未対応な場合もあるよう

 

f:id:puni_poni:20190305214224j:image

まずは作成開始をポチッと

 

利用前の確認

アンケートのような画面に

f:id:puni_poni:20190305214731j:image

該当するボタンをタップ!

すると次の質問へ

f:id:puni_poni:20190305215253j:image

ポチッと…

あ!

f:id:puni_poni:20190305215315j:image

スマホ申請の要件を満たさない場合は

PC版を利用するようにと進めなくなる

 

事前確認の質問内容は下記の通り

 

  • 確定申告をする年分は平成30年分ですか。
  • 給与以外に申告する収入がありますか。
  • お持ちの源泉徴収票は1枚のみですか。
  • 勤務先で年末調整が済んでいますか。
  • 医療費控除や寄附金控除の適用を受けますか。
  • 医療費控除や寄附金控除の他に、確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更はありますか。

 

全ての質問を回答できる人のみが

スマホでの確定申告が可能!

 

提出方法の選択

印刷書類

e- Tax(Webデータ)

 

提出方法を選べる

 

せっかく、ID発行して貰ったし

もちろんe-Taxで!

f:id:puni_poni:20190305220151j:image

 

利用規約の確認

きちんと確認いたしましょう。

f:id:puni_poni:20190305221703j:image

 

利用者識別番号の入力

そして、ここで発行して貰った

IDとパスワードの入力!

f:id:puni_poni:20190305222059p:image

この用紙を見ながら入力

f:id:puni_poni:20190305231857j:image

 

本人情報の入力

f:id:puni_poni:20190305232244j:image

他、住所、世帯主名などなど…

2回目以降は、前回内容が自動入力される模様!

 

源泉徴収票内容の入力

続いて今年の収入状況の入力!

f:id:puni_poni:20190306001123j:image

会社から発行される、源泉徴収票を見ながら入力〜

f:id:puni_poni:20190305233052j:image

f:id:puni_poni:20190305233113j:image

入力内容のつじつまが合わないとこんな表示が

f:id:puni_poni:20190306001618j:image

もう一度、源泉徴収票を確認!

 

医療費控除の申告

f:id:puni_poni:20190306002414j:image

f:id:puni_poni:20190306002554j:image

医療費の控除は

  • 医療費控除
  • セルフメディケーション税制

どちらかの控除を選択する必要が

 

それぞれの内容は国税庁HPへ

 

どちらの申請が良いのかを、試算することも可能!

f:id:puni_poni:20190306003321j:image

私は医療費控除を選択〜

 

医療費の入力方法も色々あるみたい

  • 領収書から医療機関ごとに入力
  • 別に明細を作成し、合計額のみ入力
  • 保険組合等から発行される、医療費のお知らせの金額を入力

f:id:puni_poni:20190306003643j:image

私は領収書を見ながら入力

 

全ての領収書を入力する必要はなく

○○医院 合計10,000円

ドラックストア☆☆☆ 合計 2,000円

のように、まとめ入力も可能

 

手持ちの領収書は50枚近い数…

病院や薬局ごとに電卓で合算!

 

出来れば、入力前にまとめておくのがおススメ

 

受診した人の名前と、支払先の入力

f:id:puni_poni:20190306005134j:image

f:id:puni_poni:20190306201001j:image

何に使った医療費なのか選択

 

ちなみに、公共交通機関を利用した、通院のための交通費。こちらも控除の対象

 

領収書無いしな〜

 

と思ってましたが、近距離の電車やバスの交通費は、基本的には領収書は不要らしい

 

乗り換え案内を使って、料金を検索!

金額を算出して、こちらも申請〜

 

大阪メトロ ××病院(○○駅〜☆☆駅)

 

こんな感じで入力してみました

(正しい処理かは不明‥)

 

内容確認

f:id:puni_poni:20190306201053j:image

f:id:puni_poni:20190306201254j:image

証明書を持っていれば、医療費控除の対象になるものがあるらしい

f:id:puni_poni:20190306201628j:image

私はなし

 

入力完了後進むと

控除額が表示される

f:id:puni_poni:20190306201500j:image

 

寄付金金額の入力

次はふるさと納税の寄付金入力

f:id:puni_poni:20190306204727j:image

寄付先の市町村が送ってくれる

寄付金受領証明書を見ながら入力

f:id:puni_poni:20190306204938j:image

寄付金の種類を選択

f:id:puni_poni:20190306205607j:image

ふるさと納税を選択すると

地域が選択できるように

f:id:puni_poni:20190306205724j:image

選択すると住所が自動入力された!

便利だ!

寄付した金額を入力〜

f:id:puni_poni:20190306210231j:image

内容確認

f:id:puni_poni:20190306221302j:image

控除額が表示される

f:id:puni_poni:20190306221325j:image

ちなみに、ワンストップ特例制度の申請をしたけれど、確定申告をする場合は、ワンストップ特例制度の申請は無かったことになるらしい!

お気をつけください!

 

ここまで来たら、あと少し!

 

入力内容確認

入力した内容を確認

f:id:puni_poni:20190306221534j:image

次のページへいくと

納税金額or還付金額が表示される

f:id:puni_poni:20190306222014j:image

今回は還付されることに!やった!

 

還付方法の選択

f:id:puni_poni:20190306222148j:image

  • 銀行振込
  • ゆうちょ銀行振込
  • 郵便局受取

より選択し、銀行口座情報等を入力

 

マイナンバーの入力

f:id:puni_poni:20190306223136j:image

マイナンバーの通知カードを見ながら入力

 

申告書のデータ送信

データ送信!

f:id:puni_poni:20190306223256j:image

f:id:puni_poni:20190306223511j:image

受付成功!!!

 

提出書類

e-Taxだと、領収書は自宅で一定期間保管しておけば、申告時の提出は不要

控えのためにコピーや貼り付けする必要なし!

 

所要時間

フォームへの入力作業自体は、15分ほどあれば終えられそう。

 

事前に、書類を揃えたり、領収書を合算するなどしておけば、あっと言う間に申告完了!

 

e-Taxを利用すれば、印刷や、領収書の貼り付け、郵送手続きの時間も省ける。

 

終わりに

スマホでの確定申告は予想以上の簡単さで、びっくり!!!

 

発行されたIDやパスワードは翌年以降も使用できるようなので、来年も必要であれば、スマホで申告しようかなと

 

しかし、確定申告が必要になるほど、医療費は使わないで良いよう、今年は健康に気を使っていきたいなと思いました(笑)

 

※写真のデータの内容は、実際の私の申告データではありません!念のため〜

 

何卒…↓↓(_ _)↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ